foto_stadio_ok

12の欧州トップクラブがスーパーリーグ創設を発表

SHARE
12の欧州トップクラブがスーパーリーグ創設を発表
12の欧州トップクラブがスーパーリーグ創設を発表
12の欧州トップクラブがスーパーリーグ創設を発表

ユヴェントスフットボールクラブは他の欧州トップクラブであるACミラン、アーセナル、アトレティコ・マドリード、チェルシー、バルセロナ、インテル、リヴァプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、トッテナムと新たな欧州サッカー大会スーパーリーグを創設することを目的に合意したことを発表します。これらのクラブはスーパーリーグに長期的に参加することに合意しました。 スーパーリーグプロジェクトにはさらに他の欧州トップクラブの参加が予定されており、15クラブの創設メンバーグループが完成したのち、毎年の参入プロセスを経て計20クラブまで拡大する計画となっています。

関連項目