321acd2d-9258-4e80-bb12-f53542e4e46b.jpg

Allegri: “A day of reflection”

SHARE
Allegri: “A day of reflection”
Allegri: “A day of reflection”
Allegri: “A day of reflection”

ヘイゼルの悲劇から30周年の日に、忘れられないブリュッセルで命を失った39人の罪のない犠牲者を追悼する事から、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、記者会見を始めました。監督はトリノのグランマドレ・ディ・ディオ教会で追悼ミサのためにファースト・チームとスタッフ共に、メディアへ個人的に追悼の意を伝えました。監督は話しました。「30年前起こった悲劇は、世界のスポーツとユベントスに取って悲惨な史実です。今日、私達は犠牲者を追悼し、我々の心は彼らの家族へ寄添います」式典に出席後、アッレグリ監督と選手達はヴェローナへ出発します、明日の夕方シーズン最後のセリエAの試合、ヘラスと対戦を行ないます。試合をプレビューし、監督は続けました「チャンピオンズ・リーグ決勝前の最終的なテストであり、我々にとって重要な試合です。我々は、最高の結果で今シーズンを締めくくるためにヴェローナ戦に集中する必要があります。私はまだ先発メンバーを完全に決めませんが、テベスはプレーします。彼にはこの前の土曜日にプレーせず、トニとセリエA得点ランキングで並び、追いつくチャンスがあります。両者とも、今シーズンの成績にふさわしい活躍です。」次週のチャンピオンズ・リーグ決勝について尋ねられ、チームが冷静な頭を持って対決へ向かう必要について、アッレグリ監督は話しました。「我々はビルドアップし冷静でいる必要があり、たくさんの熱意を持ちで決勝に臨まなければなりません。我々には、驚異的なシーズンになりました。今足りないのは最後のエピローグです、あと7日待たなければいけません。」

関連項目