Match Juventus Chelsea 29 settembre 2021

アリアンツでチェルシー相手にウノゼロ勝利

SHARE
アリアンツでチェルシー相手にウノゼロ勝利
アリアンツでチェルシー相手にウノゼロ勝利
アリアンツでチェルシー相手にウノゼロ勝利

ユーヴェは30日、アリアンツ・スタジアムで昨年のチャンピオンズリーグ王者チェルシーと対戦し、後半開始早々のキエーザの得点を守り切ってチャンピオンズリーグ2連勝を飾った。

守備からリズムを作るユーヴェ

ディバラ、モラタをサンプドリア戦で失ったユーヴェにとっては厳しい試合となった。序盤はチェルシーのハイプレスに対応できず、アウェイチームがが主導権を握った。ユーヴェはロングボールを使ってキエーザを裏のスペースに走らせ、ロングカウンター狙いの試合となった。 

組織的な守備でチェルシーに自由を与えなかったユーヴェはロングカウンターからベルナルデスキ、キエーザが決定機を演出するも決め切れず、前半をスコアレスのまま折り返した。

キエーザが値千金の先制ゴール 

試合が動いたのは46分、後半キックオフのボールをボヌッチが左サイドへロングフィード。このボールを競り勝ったラビオがヘディングで落とし、ペナルティエリア前でボールを貰ったベルナルデスキが斜めに抜け出したキエーザへスルーパス。このボールを角度が無い場所からキエーザがニアハイに突き刺し、ユーヴェが後半開始から10秒で貴重な先制点を決めた。

ボヌッチを中心に体を張った守備 

その後のユーヴェは耐える時間が続いたが、ボヌッチ、デ・リフト、ロカテッリを中心にゴール前を固めてチェルシーに思い通りのプレーをさせない。62分にはカウンターからクアドラードの折り返しにベルナルデスキが合わせようとしたが上手く叩けず、追加点を奪うことは出来なかった。

チェルシーは最後の10分でルカク、ハヴァーツが決定機を得るがシュートは枠に飛ばず、試合終盤にキエッリーニを投入したユーヴェが守り切ってアリアンツ・スタジアムで1-0の勝利。チャンピオンズリーグ2連勝となった。

ユヴェントス:シュチェスニー;ダニーロ、ボヌッチ、デ・リフト、アレックス・サンドロ;ベンタンクール (キエッリーニ 84')、ロカテッリ、ラビオ (マッケニー 76');クアドラード、ベルナルデスキ (クルゼフスキ 65')、キエーザ (キーン 76')

サブ:ピンソーリョ、ペリン、デ・シリオ、ルガーニ

チェルシー:メンディ;クリステンセン、チアゴ・シウバ、リュディガー;アスピリクエタ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、アロンソ;ツィエク、ハヴァーツ;ルカク

関連項目