match_napoli-juventus_aprile2017.jpg

ナポリで勝ち点を分け合う

SHARE
ナポリで勝ち点を分け合う
ナポリで勝ち点を分け合う
ナポリで勝ち点を分け合う

ビアンコネリは、日曜日夜のセリエAアウェイ、サンパオロでのナポリ戦を1-1で引き分け勝ち点を分け合った。サミ・ケディラは、早々7分にバースデーボーイであるミラレム・ピアニッチとのプレーから今シーズン5ゴール目となるゴールで先制点を挙げた。一方、ナポリはビアンコネリに対し優位に試合を進め、1時間後にマレク・ハムシクがジャンルイジ・ブッフォンのトップコーナーにシュートを放ち同点とした。この結果、ユーヴェが2位ローマに対し勝ち点6点差をつけ、ナポリは10点差で3位にとなった。ナポリは予想通り、前線のエリアで早々にプレスを持ちながらポゼッションしたが、ユーヴェは堅実に戦い7分で完璧なカウンターから得点を奪いました。ケディラとピアニッチは、エリア端からパスをつなぎ、力強くシュートを下角へ放ち、ラファエルからゴールを奪い、この試合で完璧なスタートを切った。夏にユーヴェに加わり初めてのナポリのプレーとなったゴンサロ・イグアインは、15分に素晴らしいスキルを見せマーカーをかわしコーナーフラッグから危険なクロスをボックス内へ放つも、カリドゥ・クリバリがライン上でクリアーした。素早く同点へ戻すために、ナポリはテンポを再び挙げ2度ブッフォンのゴールを襲います。ハムシクのシュートは、ディフレクトでコーナーへ、ジョルジョ・キエッリーニはドリース・メルテンスのプレッシャーを受けながら、ホセ・カジェホンのクロスをバーの上へクリアした。そして、ナポリはハーフタイムまで正に同点への追求を維持しました。ハムシクが枠内へシュート、ロレンツォ・インシーニェがボックス内へカットインしシュートもブッフォンのファーポストへ外れた。マリオ・レミナは、12月上旬以来のユベントスでの先発を素晴らしく楽しみ、ハーフタイム前、即座に試合へエネルギーを吹き込み、イグアインのパスを受けシュートを放つも2、3フィート枠を外れた。ピッチの反対では、インシーニェが再び枠の外へシュートを放ち、カジェホンがネットを揺らすもオフサイドの判定となった。しかし60分、ナポリは、まるテンスのボールを受けたハムシクが、トップコーナーへ冷静にボールを放ち同点に、そしてその3分後、マルテンスはブッフォンを抜き、シュートもポスト外の角度で得点はなかった、あわや追加点を与えそうになった。最後にどちらのチームも勝利への動きは十分ではありませんでした。プレーのバランスからこのドローはフェアな結果となった。現在注意は、水曜日のサンパオロでのコッパ・イタリア決勝を賭けた「再戦」へ向いています。本稽古は終わりです…

関連項目