20171113_wm_buffon_02.jpg

イタリア代表がプレーオフ敗退でワールドカップ出場を逃す

SHARE
イタリア代表がプレーオフ敗退でワールドカップ出場を逃す
イタリア代表がプレーオフ敗退でワールドカップ出場を逃す
イタリア代表がプレーオフ敗退でワールドカップ出場を逃す

イタリア代表は1stレグにおける0-1での敗戦からの逆転突破を目指すべく、日本時間の今日未明にスウェーデンとの2ndレグに臨んだ。イタリアはシュート27本、スウェーデンは4本と圧倒し、再三スウェーデンゴールに迫ったものの最後までネットを揺らすことはできず、1958年以来の予選敗退となった。

ジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・バルザーリ、そしてジョルジョ・キエッリーニはこの大一番で先発出場を果たし、フェデリコ・ベルナルデスキも後半途中からピッチに立っている。

この一戦の後にブッフォンは代表引退を表明、1997年10月23日のデビューから20年以上に渡ったキャリアにピリオドを打った。またバルザーリもブッフォンと同様に代表引退を明らかにしている。

日本時間の今朝未明、ポーランドはメキシコとのフレンドリーマッチで0-1と敗れている。またこの一戦ではヴォイチェフ・シュチェスニーがフル出場を果たしている。

日本明日未明にユヴェントスの選手たちが臨むフレンドリーマッチは以下の通り

  • パウロ・ディバラ:アルゼンチンvsナイジェリア
  • フアン・クアドラード:コロンビアvs中国
  • アレックス・サンドロ、ドウグラス・コスタ:ブラジルvsイングランド
  • ロドリゴ・ベンタンクール:ウルグアイvsオーストリア
  • ブレーズ・マテュイディ、サミ・ケディラ:フランスvsドイツ

関連項目