pjanic_intervista.jpg

ピアニッチ「ユーヴェは正しい道に」

SHARE
ピアニッチ「ユーヴェは正しい道に」
ピアニッチ「ユーヴェは正しい道に」
ピアニッチ「ユーヴェは正しい道に」

ユベントス・スタジアムでの40,000対11人「私達は、非常に良いチームに対して、非常に重要な勝ち点3を手に入れました。この結果ともちろん無失点に喜びます。全体的に勝利の価値がありましたし、最後まで戦う正しさがありました。試合前のウォームアップから、ファンは正に彼ら自身をプレーの一部としました。彼らのサポートは日曜日の私達の限界をプッシュしました。シーズンの終わりに彼らにトロフィーで報いたいです。現在素晴らしい調子です、良い形でプレーしていますし、得点と無失点の間で良いバランスを保っています。インテルの強さが難しい試合としましたが、ホームでの戦いは常に最後の切り札となります。あなたが昨晩見たとおり、私達は滅多に滑ってしまう事はありません。」次? クロトーネ戦です。「週末の勝利直後、水曜日のクロトーネ戦へは直接つながるものではありません。変わらず勝ち点3へ、ローマとナポリを上回るアドバンテージをキープする事への集中を続けます。私達のチームは深く、クオリティが詰まっています。その様な深みと強さを持つ時、監督がスターティング11でどんな相手にも合う様に変更するのを許します。シーズンで最も重要な部分が始まっていますし、その準備が出来ている事を確認する必要があります。より勝ち進む程ミスが出来なくなります。後ろから来るチームは、追跡を諦めませんし、私達は油断してはいけません。」化学変化「ゴンサロと私は、フィールドの中でも外でも良くやっています。昨晩のゴールで私をスルーさせたのは彼のパスでしたし、わた氏は終盤本当により上手くやらなければなりませんでした。私達の試合は常に良くなっていますし、同じ事はチームの中で他の皆ち私の化学変化を起こします。才能のある選手達がいれば、より簡単に噛み合ったチームとして共に合わさる事があります。」フリーキッカー!「セットプレーから得点できる人を持つ事は、確実に試合で若干のアドバンテージとなります。常にプレーへトレーニングの後残ります。私はフリーキックの挑戦をディバラと行い、現在2-2です!」

関連項目