w013.jpg

ユーヴェ、首位に立ちUCLベスト16へ

SHARE
ユーヴェ、首位に立ちUCLベスト16へ
ユーヴェ、首位に立ちUCLベスト16へ
ユーヴェ、首位に立ちUCLベスト16へ

ユベントスは、マリオ・マンジュキッチの18分のゴールでマンチェスター・シティとの厳しいホームでの戦いに勝利し、グループD首位に立ち、チャンピオンズ・リーグ、ノックアウト・ステージ進出を確実とした。シティは、勝ち点3が自身の首位を確実にすると理解し対戦に臨み、開始16分、フェルナンジーニョはゴール近距離の決定期を向かえるも、得点をすることが出来なかった。この2分後に、マニュエル・ペッレグリーニ監督のチームは、リードを奪われます。今シーズン、シティ戦2点目となり、9月のエティハド・スタジアムでの第1節の先制点と同じくアレックス・サンドロの正確なクロスからマンジュキッチがミスする事無く先制点を奪います。また、ジジ・ブッフォンは、前後半でのセルジオ・アグエロとフェルナンジーニョの決定的な得点機会を防ぐという素晴らしいプレーがあり、ピッチの反対では、55分に投入されたアルバロ・モラタがステファノ・ストゥラーロへロブを送り、リードを広げるチャンスを演出するもポストを外れた。

w021.JPG

80分にラヒーム・スターリングのシティの最も明確なチャンスを防ぎ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、試合を上手くクロージングし勝利を挙げ、グループDでイングランドのチームに勝ち点2点差をつけ、首位に立った。開始直後、両チームにチャンスが訪れます、始めにフェルナンジーニョの低いシュートがブッフォンを通り過ぎ外れ、そしてクラウディオ・マルキジオのスマートなクロスをマンジュキッチがペナルティー・エリア内でヘディングで合わせるも、ゴールへ放つ事が出来ませんでした。シティはしっかりとボールを回し、最初の15分でポゼッションの3分の2を支配し、ケヴィン・デ・ブライネのクロスはボックス内でヤヤ・トゥーレにボックス内で当たり、フェルナンジーニョに繋がります。しかし、フェルナンジーニョの近距離でのシュートはバーの上を越えました。

w009.JPG

この2分後にユベントスが試合を変え、シティはチャンスを物に出来なかった事を直に後悔する事になります。週末のミラン戦でのパウロ・ディバラへの決勝点へのアシストから新しく、アレックス・サンドロは左から再び素晴らしいボールを素早く放ち、マンジュキッチが夏に加入してからクラブで5ゴール目となる先制点をホームで奪った。ビアンコネリは、チームの調子を上げ、正確に10分後マンジュキッチが本能的なシュートをゴール低い位置隅へ放つも、ジョー・ハートが素晴らしいセーブで防ぎました。シティは、同点に追いつく為にどんなチャンスでもためらう事なく、シュートを放ちます。トーレが2度シュートを放つも両方とも枠を捉える事は出来ませんでした。そして、ハーフタイム前に、アグエロがマルキジオからボールを奪いボックス内へ侵入し、シティにとっての絶好機の1つが訪れます、しかしアグエロは、白と黒を着ている全員に安心を与えるブッフォンによって素早くストップされました。キャプテン、ユベントスの背番号1は、ハーフタイム後にもヒーローとなる瞬間が訪れます。フェルナンジーニョ驚異的なヘディングを防ぎ、こぼれ球を狙うトーレからもゴールを守りました。ユベントスの最初の選手交代がこの数秒後に続き、マンジュキッチがモタラと55分に交代。そしてモラタはプレーの中心に入ります。右のスペースでボールを受け、モラタは、ハートを越えるボールを送りました、突進するストゥラーロはほぼタイミング良くボールに詰めるも、シュートはポストを僅かに外れました。チャンスは、両チームの選手交代から繋がり、79分に再びモラタにリードを広げる可能性が訪れます。素晴らしいフットワークから、ニコラス・オタメンディとマルティン・デミチェリスのディフェンスを避け、シュートを撃つもハートが脚でブロックしました。ほんの1分後に、後半に投入されたスターリングがシティの同点につながる決定期を向かえるも、ボールは、ファーポストの向こうへ外れた。試合最後の10分に入り、ユベントスは深く守備を行いリードを守るために戦い、4分のアディショナル・タイムで同点に追いつこうとするシティの執拗な攻撃を対処しました。主審が終了の笛を吹いたと同時に、ドイツからボルシア・メンヒェングラートバッハが4-2でセビリャを破ったニュースが入り、ビアンコネリはノックアウト・ステージ進出を決定しました。シナリオはシンプルです。ビアンコネリ第6節でマンチェスター・シティの結果より良い結果となれば、グループDを首位で突破となり、間違えなくアッレグリ監督とチームは熱望し、ベスト16決勝トーナメント1回戦で強豪チームとの対戦を避けるチャンスとなります。

関連項目