26.12.2018 18:30 - in: セリエA S

      チームの冷静さを称えるキエッリーニ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      キャプテンは土曜日のサンプドリア戦でもチームが同様のフォーカスを見せることを要求した。

      ジョルジョ・キエッリーニはアウェイでのアタランタとの2-2の引き分け、特に2失点について満足はしていないことを試合後に明かした。それでもキャプテンはポジティブな面を強調している。

      「2失点したことは僕もチームメートも満足していないけど、負けに近づいた試合で勝ち点1を拾ったことは事実だ。前半は良い試合をして、何度も2点目を決めるチャンスがあった」

      「タフな試合になることは分かっていた。アタランタにはいつも素晴らしい観客がいて、ユーヴェを相手に良いプレーをするからね。それでも僕たちはリードされてからも頭を使い、最後の30分で良い姿勢を見せることができた」

      「焦り過ぎず、そのうちゴールが生まれることを理解していた。土曜日のサンプドリア戦でも同じようにやっていく必要があるね」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK