13.12.2018 00:20 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「負けは残念だが目標は達成した」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユヴェントスの指揮官はグループリーグを終え、「首位通過に相応しかったが、今日の試合は残念だった」と語った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督はヤングボーイズ戦を、痛みのない敗北だったとした。

      「負けたのは残念だが、一番ダメージの少ない試合で負けたと言える」と指揮官は語った。「私たちには決勝トーナメント進出とグループ1位という2つの目標があり、それを両方達成できた。次はトリノダービーだ」

      監督は相手チームを称え、ユーヴェについてはポジティブとネガティブの両面を述べた。

      「ヤングボーイズはとても良いプレーをした。私たちは試合の入りは良かったが、その後2失点を許してしまった。リアクションは良かった一方で、ゴール前で正確性と冷静さを欠いてしまった」

      前半に途中交代したクアドラードの状態については、次のように語った。

      「おそらく打撲だろうが、明日状態を見るよ。エムレ・ジャンの復帰は喜んでいる。抽選については、もし相手がビッグクラブになればハイレベルなベスト16になるだろう」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK