24.02.2019 17:00 - in: マッチレポート S

      ディバラが決勝ゴール

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      途中出場のディバラの決勝ゴールで、ユヴェントスは敵地ボローニャで重要な勝ち点3を手にすることに成功した。

      ユヴェントスはセリエA第25節でボローニャと対戦。ディバラのゴールを守りきり、1-0で完封勝利を収めた。

      前半は無得点

      試合立ち上がりは両チームこう着状態が続く。ユヴェントスはアグレッシブなプレスをかけてきたボローニャに苦戦し。思うようにボールを回せない展開を強いられる。

      最初のチャンスはボローニャに訪れた。11分、ダニーロの縦パスを受けたサンソーネは、狭いスペースで前を向いてシュート。これはゴール左に外れた。15分にもボローニャがチャンスをつくる。バイタルエリアでボールを受けたサンタンデールが、ペナルティエリア手前からミドルシュート。このシュートも大きく枠を外れ、相手のフィニッシュの精度に助けられる。

      苦戦を強いられたユヴェントスは21分に最初のチャンスを迎える。ペナルティエリア手前でベルナルデスキがパスを受けると、ディフェンスラインを斜めに走り込んだマテュイディへスルーパス。しかし、パスはわずかに届かず。シュートは打てなかった。

      攻撃が手詰まりになっていたユーヴェは、28分にようやくこの試合初めてのシュートを放つ。コーナーキックから相手DFに競り勝ったロナウドがヘディングでゴールを狙う。しかし、これはGKに阻まれ、得点に至らなかった。

      ユーヴェはボールを奪っても、アグレッシブなボローニャのディフェンスを剥がすことが出来ず。ボローニャが試合を支配する展開となる。

      29分にもボローニャのチャンス。ペナルティエリア手前でサンタンデールがボールを引き出すと、振り向きざまにシュート。これはゴール左に外れたが、ユーヴェは肝を冷やした。
       
      すると32分、今度はユーヴェがチャンスを迎える。左サイドでベンタンクールがボールを受けると、ディフェンダーを一人交わして中央へ進入。ファーサイドへ外から巻くようなカーブシュートを放ったが、惜しくも枠を捉えられなかった。
       
      このまま前半は0-0で終了。ユヴェントスはなかなか攻撃の糸口を掴めず、シュート数はわずか2本に抑えられた。一方、ボローニャはシュートを9本放ったが、1本も枠を捉えられず。両チームスコアレスでハーフタイムを迎えた。

      A・サンドロが重要なブロック

      後半立ち上がりもボローニャがペースを握った。55分、コーナーキックの混戦からエムバイェがシュート。ゴール前で決定的な場面となったが、これはアレックス・サンドロが身を呈してブロックし、得点を許さなかった。

      ピンチを凌ぎ、攻撃に転じたいユヴェントスだが、なかなかシュートまで持ち込めない。58分、ついにアッレグリ監督が動く。アレックス・サンドロにかえてディバラを投入。先制点を奪いにいく。

      スーパーサブ、ディバラ!

      すると67分、交代策が的中する。ペリンからのロングボールをマンジュキッチがヘディングで落とすと、マテュイディが拾い、ドリブル開始。左サイド深くまで進入し、鋭いクロスを入れた。このボールを相手DFがクリアミス。こぼれたボールをディバラが見逃さず、冷静にシュートを放った。これが見事にゴールネットを揺らし、ユーヴェが先制に成功した。

      貴重な先制点を奪ったユーヴェは、ボールを動かしながら時計の針を進めていく。78分にはマテュイディとの交代でピアニッチを投入。逃げ切り体制を整える。さらに、86分にはベルナルデスキにかえてキエッリーニを投入。3バックに変更し、中央の守備を固めた。

      ペリンが好守で完封

      このまま試合を終わらせたいユヴェントスだったが、試合終了間際にピンチを迎えてしまう。後半アディショナルタイム、ロングスローのこぼれ球からサンソーネが強烈なミドルシュート。枠を捉えたボールだったが、ペリンが左手一本で弾き出す。さらに、こぼれたボールにオルソリーニが反応。シュートは枠を捉えるも、再びペリンがビックセーブ。見事なセーブでペリンがユーヴェのピンチを救った。

      このまま試合は1-0で終了。苦しい展開を強いられたが、ディバラのゴールを守りきったユヴェントスが敵地で勝利を収めた。これで今季のセリエA通算成績は22勝3分無敗。第25節終了時点のセリエA新記録となる22勝を達成した。

      ユヴェントス先発メンバー:ペリン;デ・シリオ、ボヌッチ、ルガーニ、アレックス・サンドロ (ディバラ ‘59);ベルナルデスキ、ベンタンクール、マテュイディ (ピアニッチ ’78);カンセロ、マンジュキッチ、ロナウド

      サブ:シュチェスニー、ピンソーリョ、キエッリーニ、カセレス、バルツァッリ、スピナッツォーラ、、ピアニッチ、ディバラ、キーン

      ボローニャ先発メンバー:スコルプスキ;エムバイェ、ダニーロ、ヘランデル、ダイクス;ポーリ (ドンサー ’79)、プルガル (ファルチネッリ ’79)、ソリアーノ;エデラ (オルソリーニ ’52)、サンタンデール、サンソーネ

      サブ:ダ・コスタ、ゴンサレス、リャンコ、パス、オルソリーニ、ナジ、クレイチー、ドンサー、ジェマイリ、スヴァンベリ、カラブレージ、ファルチネッリ

      警告:プルガル ‘6、ベンタンクール ’16、サンソーネ ’74、カンセロ ‘90

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK