30.01.2019 23:30 - in: コッパ・イタリア S

      アッレグリ監督「良くない夜だった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      試合後指揮官は「今季の出来を考えれば、選手たちを批判することはできない。アタランタがよくやった」と語った。

      コッパ・イタリア準々決勝でアタランタに3-0で敗れた後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はチームの低調なパフォーマンスを認めた。

      「そういう雰囲気があった」と監督は言う。「去年も同じだった。いくつかのミスがあり、ホームでナポリに敗れた。サッカーには良くない夜もある。おそらくメンタル面で少し疲れていたんだろう」

      しかし指揮官は、敗戦の影響を大げさに強調することはなかった。

      「今季のこれまでの出来を考えれば、選手たちを批判することはできない。今日は良くない夜だったが、それに適切にリアクションしないといけない。コッパ・イタリアは重要な大会なので残念だし、選手たちも失望している。そうは言っても、アタランタは褒めるべきだろう」

      アッレグリ監督は今夜はアタランタの方が優れたチームだったと語った。

      「彼らは勝利に値した。私たちよりもエネルギーがあり、メンタルも強かった」と監督は言う。「しかしさっきも言ったように、それがサッカーだ。こうした試合に正しく反応できれば、それによってさらにレベルを上げることができる。もちろんその第一歩は土曜日のパルマ戦に勝利することだ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK