28.03.2019 16:30 - in: チーム S

      ダニエレ・ルガーニが2023まで契約延長

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      イタリア代表のディフェンダー、ダニエレ・ルガーニがユヴェントスとの契約を2023年まで延長しました。

      ダニエレ・ルガーニがクラブとの契約を2023年まで延長し、今後も白と黒のストライプに袖を通し続けることが決まりました。

      1994年7月24日にルッカで生まれたルガーニは2012年、18歳の時にユヴェントスに加入しました。するとすぐにコッパ・イタリア・プリマヴェーラに優勝、その後も多くのトロフィーを獲得することになります。

      プロとしての最初のシーズン(2013/14)をセリエBのエンポリ過ごしセリエA昇格に貢献すると、次のシーズンにはユヴェントスでそのクオリティーを見せ始めました。

      2015/16シーズン、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はルガーニをボヌッチ、バルツァッリ、キエッリーニのBBCの守備ユニットに加え、17試合に出場しました。

      ダニエレは過去4年間で公式戦60試合以上に出場した選手としてはクラブ最年少(現在81試合に出場)で、そのうち68試合に勝利しています(全体の80%)。

      ダニエレはプレーのクオリティーでもチームに貢献しており、今季平均でのボールロストは最少、90分で6.5回となっています。2015/16シーズン以降では、ユヴェントスで最もドリブルで抜くのが難しい選手でもあります(平均4試合に1回のみ)。

      持ち前の優雅さ、テクニック、試合の読みとポジショニングを活かした守備に加え、ルガーニはチャンピオンズリーグでの1得点を含む7ゴールを挙げています。

      結果としてこれまでに3回のスクデットに加えコッパ・イタリア、スーペルコッパと多くのトロフィーを手にしています。

      ルガーニのユヴェントスでのストーリーは、2023年まで続くことになります。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK