17.07.2019 18:00 - in: 公式レポート S

      公式発表 ⎮デ・リフトがビアンコネロに

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      19歳のマタイス・デ・リフトが、2024年までの5契約でユヴェントスに加わりました。

      ユヴェントスフットボールクラブはAFCアヤックスからマタイス・デ・リフトを獲得し、5年契約を結んだことを発表します。

      公式声明は以下の通りです:

      マタイス・デ・リフトの移籍に関するアヤックスとの合意

      トリノ、2019年7月18 - ユヴェントスフットボールクラブはアムステルダム・フットボールクラブ・アヤックスと、今後5年間に7500万ユーロと追加の1050万ユーロを支払うことによるマタイス・デ・リフトの獲得に合意したことを発表します。

      ユヴェントスは同選手と2024年までの5年契約を結びました。

      今夏ファンが待ち望んでいた日が遂にやってきました:マタイス・デ・リフトが正式にユヴェントスの選手になりました!

      1999年8月12日にオランダのライデルドルプで生まれたデ・リフトは、9歳からアヤックス伝統の下部組織で育ちました。アカデミー在籍中に絶大なポテンシャルを見せると、2017年の9月にカップ戦でトップチームデビューを果たしています。

      するとコーナーキックからゴールを決めてクラレンス・セードルフに次ぐクラブ2番目の年少得点者となり、その1ヵ月後にはトップチームに昇格してデビューシーズンに11試合に出場しました。さらにデ・リフトは2017年5月24日のマンチェスター・ユナイテッドとのヨーロッパリーグ決勝に出場し、ヨーロッパのカップ戦決勝史上最年少の出場選手(17歳285日)としても歴史に名を残しています。

      2018年3月にはアヤックスのキャプテンマークを巻き、クラブ史上最年少の主将に。このシーズンはリーグ戦31試合、公式戦37試合に出場し3ゴールを挙げています。そのクリーンなタックル、強さ、スピード、正確性によって2018年のゴールデンボーイ賞を受賞、またリーダーシップによりチームメートや同僚からも絶大な信頼を得ました。

      地上戦でも空中戦でも抜群の安定性を見せるデ・リフトは、現代的なディフェンダーに必要な全ての能力を備えています。そのヘディングの強さは守備に活かされるだけでなく攻撃でも相手の脅威になり、実際2018/19シーズンのチャンピオンズリーグで彼よりもヘディングでゴールを挙げたのはクリスティアーノ・ロナウド(4)だけであり、ディフェンダーとしては大会史上最年少得点者でもあります。

      代表レベルでは2018年FIFAワールドカップ予選のブルガリア戦(アウェイで0-2の敗戦)でオランダデビューを果たしていますが、当時はまだアヤックスで2試合しか先発出場していませんでした。その後は現在までに17試合出場2得点の数字を残しています。

      デ・リフトはワシム・ブーイ、エルイェロ・エリア、エドウィン・ファン・デル・サール、エドガー・ダーヴィッツに続いて、ユヴェントスで5人目のオランダ出身選手となります。

      ユヴェントスにようこそ、マタイス!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK