26.06.2019 11:00 - in: チーム S

      8人のビアンコネレがW杯ベスト8へ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユヴェントス女子チーム所属選手の活躍もあり、イタリア代表が女子ワールドカップで中国を下し準々決勝に進んだ。

      FIFA 女子ワールドカップで、イタリア代表が再び力強いパフォーマンスを見せた。5人のビアンコネレが先発出場したチームは、決勝トーナメント1回戦で中国代表を2-0で下した。

      ジュリアーニがゴールを守りガマが中心となった守備陣は、大会2回目のクリーンシートを達成。中盤ではチェルノイア、前線ではジレッリボナンセアが存在感を発揮した。

      15分にジャチンティが先制点を挙げて1点リードで迎えた後半、途中出場のガッリが49分に追加点を決めてすぐにインパクトを残す。マルティナ・ロスッチも途中出場し、ボアッティンはこの試合で出番がなかったもののこれで8人のビアンコネレ全員が今大会のピッチに登場したことになる。

      イタリア代表は29日の準々決勝で、日本を下したオランダ代表と対戦する。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK