17.03.2019 15:30 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「負けは残念だが、悲劇的な状況ではない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      0-2で敗れたジェノア戦後、指揮官は「負けはいつ起きてもおかしくなかった事を理解する必要がある」と語った。

      「悲劇的な状況ではないが、無敗をキープしたかったので残念だ」とアッレグリ監督はジェノア戦終了後に語った。

      「順位表ではまだ継続的なリードがあり、この敗戦で大きなダメージを受けることはない」

      指揮官はチームに火曜日のチャンピオンズリーグ、アトレティコ・マドリード戦の影響があったと言う。

      「チャンピオンズリーグの試合で消耗したのは間違いない。前半は2回失点のリスクがあり、相手が少し落ちた後半は良くなったが失点を喫してしまった。負けはいつ起きてもおかしくなかったし、今日より悪いタイミングでも起こり得た。今は休養し、エネルギーと怪我人の回復を待とう」

      「毎試合を最大のパワーで戦うことはできない」と監督は語る。

      「今日は難しい試合になることは分かっていた。ストゥラーロは辛い時期があったので、今日の試合を変えた活躍は彼にとって良いこと。どこかリーグのタイトルを手にしたつもりになっていた気持ちもあったかもしれないので、今日の負けは良い薬になるだろう」

       

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK