27.04.2019 22:35 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「後半は良かった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      後半に反撃を見せ1-1の引き分けに終わったインテル戦後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合を分析した。

      インテルが支配し先制点を奪った前半の後、既にスクデット制覇を決めているユヴェントスは敵地で下を向いてしまうこともできたが、実際には後半にメンタルの強さを発揮し王者の実力を見せた。

      「後半はよかったが、簡単ではなかった」と指揮官は言う。「インテルはチャンピオンズリーグのために戦っており、私たちは多くの選手を欠いている。それでもフィジカル面でも技術面でも非常に良い形で試合を終えることができた。フィオレンティーナ戦ではバランスを欠いて苦しみ、それは今日も同じだった。1-1になってからはよりカウンターのリスクが高まってしまったので、そうした状況と試合の最後の部分は改善する必要がある。全体としては試合を楽しむことができたよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK