13.02.2019 16:13 - in: セリエA S

      スピナッツォーラ「ユヴェントスで素晴らしい時間を過ごしている」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      スピナッツォーラはユヴェントスでのこれまでの半年間を「このチーム、選手たち、そしてクラブの一員であることはファンタスティックだね」と振り返った。

      膝の負傷により長期間フィールドから遠ざかっていたレオナルド・スピナッツォーラは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームにフィットし始めていることを感じている。

      プリマヴェーラ時代に2シーズン白と黒のユニフォームに袖を通した背番号37は、ユヴェントスでの経験について「この6か月間は素晴らしい時間だった」と語る。「怪我からうまく復帰して、その間に息子も生まれた。このチーム、選手たち、そしてクラブの一員であることはファンタスティックだね。ユヴェントスはこの8年間僕のことを追って、信頼してくれた。すごくハッピーだよ」

      「今は以前よりもすごく良い感じだね。最初の数試合はプレーするごとにフィジカルが改善するのを感じることができた。満足しているよ。リーグとチャンピオンズリーグが佳境を迎える時期をトップで迎えるために、僕たちは努力してきた。今はまずフロジノーネ戦にフォーカスして、その後でアトレティコ戦について考える。すごい試合になるだろうね」

      今週金曜日のアリアンツ・スタジアムでは、ユヴェントスとシエナでのプリマヴェーラ時代に指導を受けたマルコ・バローニのチームと対戦することになる。

      「彼は素晴らしい人だから、再会するのを楽しみにしているよ。僕が15歳の時、高いレベルでプレーしたければサイドバックでプレーするべきだと言われた。でも僕はウィングでしかプレーしたくなかったんだ。5年後に彼と会って、その時は彼に同意せざるを得なかったね」

      最後にスピナは、2月上旬のトレーニングに参加した代表チームについても語った。「僕たちは若いチームで才能があるし、高いレベルの選手が揃っている。まだ改善すべきことがたくさんあるけど、正しい道を歩んでいると思うよ。目標は2020年の欧州選手権だ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK