30.03.2019 20:50 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「また一歩タイトルに近づいた」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「スクデットにはあと4勝が必要だが、火曜日のカリアリ戦はフィールドの幅が狭く難しい相手との試合になる」

      「前半はエンポリがいいプレーをし、私たちはスペースと時間がなく苦しんだ。後半は相手にチャンスを与えず、1-0の勝利でまた一歩タイトルに近づくことができた

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は後半にプレーを改善し決勝点を挙げたチームについて、以下のように語った。

      「試合は長いもので、いつも最初の10分でスコアを3-0にすることはできない。時には時間を経過させ、その後一撃を加えることも必要だ。これで差が18ポイントになり残りは9試合なので、スクデットを勝ち取るためにあと4勝が必要。火曜日のカリアリ戦はフィールドの幅が狭く、難しい相手との試合になる」

      ウォームアップ中のディバラの負傷(「アルゼンチン代表でふくらはぎを打撲し、今日違和感があったのでリスクを冒したくなかった」)により先発も予想されたキーンは結局ベンチスタートになった。

      「彼は野心があり、それは正しい事だ。犠牲を払い成長するための意欲は、彼の助けになるだろう。ここ数日で彼はメディアの恐ろしいニュースに直面し、代表の2試合連続ゴールで多くのメンタル面のエネルギーも消費した。技術的なことではなく精神的な面で、彼の使い方には気を付けないといけない。もし彼を先発で使っていたら、攻撃で他のオプションがなくなっていた」

      チャンピオンズリーグのアヤックス戦が迫る中、 ロナウドの状況にも注目が集まる。

      「彼はジョギングをこなしているよ。いつから走れるかは、これから見る必要がある」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK