26.11.2019 23:02 - in: マッチレポート S

      グループ1位の座を確保

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      グループリーグ最終戦を前に、アトレティコ・マドリードをホームで下したユーヴェがグループ1位の座を確保した。

      ユヴェントスは26日、アリアンツ・スタジアムでアトレティコ・マドリードを1-0で下し、UEFAチャンピオンズリーグ・グループD首位通過を決めた。パウロ・ディバラが前半終了間際に唯一のゴールを決め、グループ最終節を前に2位との差を広げることに成功した。

      一進一退

      試合開始からボールを支配して相手ゴールに迫るユーヴェは9分、ディバラがラムジーとのワンツーでペナルティエリア内に侵入しシュート。しかしグラウンダーのボールはオブラクにキャッチされた。

      徐々にアトレティコ・マドリードもサウールのヘディングシュートなどでチャンスをうかがい、序盤は一進一退の攻防が展開される。24分にはサウールがペナルティエリア外から地を這うようなシュートを放つが、シュチェスニーがしっかりとセーブした。

      ディバラのFK弾

      両チームともに決定機のないままハーフタイムに入るかと思われた前半アディショナルタイム、ユーヴェは右サイドの深い位置でフリーキックを得る。キッカーのディバラが左足を振り抜くと、ボールはオブラクの頭上を打ち抜きゴールネットの中へ。難しい位置からのフリーキックを直接沈めたディバラの一撃で、前半は最高の形で幕を閉じた。

      デ・リフトが好タックル

      1点を追う展開となったアトレティコ・マドリードは50分、コーナーキックのこぼれ球をペナルティエリア内のサウールが胸でトラップしボレーシュート。ワンバウンドの難しいボールだったが、シュチェスニーが抑えた。

      ユーヴェは圧力を強める相手を封じながら、機を見て素早い攻撃を仕掛ける。67分にはラムジーに代わって途中出場したベルナルデスキが右サイドから切り込み、自ら左足でシュート。しかしゴールポストに嫌われ、惜しくも追加点とはならなかった。

      終盤にはアトレティコ・マドリードの猛攻を受けたが、デ・リフトが素早い出足の好タックルで相手のシュートチャンスを潰すなど、守備陣が集中を切らさずに対応。後半アディショナルタイムのピンチも切り抜け、クリーンシートを達成した。

      ユヴェントス: シュチェスニー;ダニーロ、ボヌッチ・デ・リフト、デ・シリオ;ベンタンクール (ケディラ 86’)、ピアニッチ、マテュイディ;ラムジー (ベルナルデスキ 63’);クリスティアーノ・ロナウド、ディバラ (イグアイン 74’)

      サブ: ブッフォン、ルガーニ、デミラル、ケディラ、クアドラード、イグアイン、ベルナルデスキ

      アトレティコ・マドリード: オブラク;トリッピアー、フェリペ、エルモソ、ヘナン・ロディ (レマル 64’);サウール・ニゲス、エレーラ (コレア 60’)、トーマス、コケ;モラタ、ビトーロ (ジョアン・フェリックス 54’)

      サブ: アダン、アリアス、ジョアン・フェリックス、コレア、レマル、ジョレンテ、シャポニッチ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK