12.03.2019 23:05 - in: マッチレポート S

      逆転完了!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アリアンツ・スタジアムを熱狂させたクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックで、ユヴェントスが劇的なチャンピオンズリーグ8強入りを決めた。

      ユヴェントスは13日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16 第2戦でアトレティコ・マドリードと対戦した。第1戦を0-2で落としたユーヴェは、最低でも3ゴール以上が必要となる厳しい状況で試合を迎えた。

      VARでノーゴール

      序盤から怒涛の攻撃を仕掛けるユーヴェは4分、決定的なチャンスを迎える。コーナーキックからゴール前の混戦に持ち込むと、こぼれ球にキエッリーニが反応。シュートはゴールネットを揺らしたが、直前のプレーがファウルと判定され、得点は認められなかった。

      攻勢を強めるユヴェントスだが、自陣で守備を固めるアトレティコをなかなか崩しきれない。逆転突破へ。ホームに詰めかけたサポーターが大声援でチームを後押しする。

      CR7が反撃の狼煙を上げる

      すると27分、歓喜のときが訪れる。左サイドからベルナルデスキがクロスをあげると、ファーサイドからロナウドが飛び込んでヘディングシュート。これがゴールネットに突き刺さり、待望の先制点を奪った。

      前半はこのまま終了。2戦合計1-2。1点ビハインドの状況でハーフタイムを迎えた。

      2戦合計同点に

      後半に入っても、ユーヴェの勢いは衰えない。試合の主導権を完全に掌握し、圧倒的にボールを支配。連続攻撃に繋げていく。

      49分、右サイドからカンセロがクロスを入れると、再びロナウドが高い打点のヘディングシュート。これがゴールとなり、2戦合計スコアで2-2の同点に追いついた。

      同点に追いついた後も、ユーヴェがアトレティコを圧倒。ことごとくセカンドボールを回収し、分厚い攻撃を仕掛けていく。

      逆転完了

      84分、ついに待望の瞬間が訪れた。ハーフウェイライン付近でボールを受けたベルナルデスキがドリブル突破。そのまま、ペナルティエリア内まで進入すると、相手DFに後ろから倒されてPKを獲得した。キッカーのロナウドは、これを冷静にゴール左隅に沈め、ついに2戦合計スコア3-2と逆転に成功する。

      リードを奪ったユヴェントスは、最後まで集中を切らすことなくプレー。そして、待ちに待ったホイッスルが鳴り響いた。2戦合計スコア3-2で勝利。チャンピオンズリーグ・ベスト8進出が決定した。

      ユヴェントス先発:シュチェスニー;カンセロ、ボヌッチ、キエッリーニ、スピナッツォーラ (ディバラ 67’);ジャン、ピアニッチ、マテュイディ、マンジュキッチ (キーン 80’)、クリスティアーノ・ロナウド

      サブ:ペリン、カセレス、ルガーニ、ベンタンクール、ニコルッシ・カヴィーリャ、ディバラ、キーン

       

      アトレティコ・マドリード先発::オブラク; アリアス  (ビトーロ 77’)、ヒメネス、ゴディン、フアンフラン;コケ、ロドリゴ、サウール、レマル (コレア 56’);グリーズマン、モラタ

      サブ:アダン、サヴィッチ、モンテーロ、ビトーロ、ミケル・カーロ、カリニッチ、コレア

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK