16.04.2019 23:25 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「アヤックスは突破に相応しかった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アッレグリ監督は1-2で敗れたアヤックス戦後「私たちは後半に分断してしまい、距離感を失った」と敗因を分析した。

      試合後、アッレグリ監督はまず対戦相手について「彼らは次のラウンドに進むのに相応しかった」と語った。「既にヨーロッパリーグでも好成績を残しており、チャンピオンズリーグ準決勝進出は偶然ではない。アヤックスには素晴らしい選手たちがいる」

      指揮官はその後、試合の敗因を分析した。「前半はいいプレーで相手を苦しめたが、サッカーはクレイジーなものだ。少しラッキーなゴールで失点し、後半は分断してしまった。もっと別のアプローチをとるべきだった」

      「違う試合をするべきだったが、アヤックスは勝利に相応しかった。後半はしばしばボールを相手に渡し、アヤックスが技術を活かせる状況を作ってしまった。深さを出そうとしたがコンパクトさを失ってしまい、2失点目の場面ようなプレゼントもあった。準々決勝ではそのようなプレーは許されない」

      「全体的には、選手たちを責めることはできない。私たちは若い選手も多く、まだ成長できるチームだ」というアッレグリ監督は、自身の将来にも言及した。

      「将来についての決断を会長に伝えた。私はここに残る。それについてはまた話し合うよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK