19.10.2019 23:00 - in: マッチレポート S

      ボローニャを下し勝ち点3

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      クリスティアーノ・ロナウドとピアニッチのゴールで、アリアンツ・スタジアムで2-1の勝利を挙げた。

      19日のセリエA8節、ユヴェントスはアリアンツ・スタジアムでボローニャを2-1で下し首位の座を守った。前半にクリスティアーノ・ロナウドのゴールで先制し、一度は追いつかれたものの後半にミラレム・ピアニッチが決勝点を挙げている。

      キックオフ前には先日キャリア通算700得点を達成したクリスティアーノ・ロナウドに記念ユニフォームが贈られ、ボローニャの指揮官シニシャ・ミハイロビッチにも拍手が送られた。

      CR701

      立ち上がりから相手陣内に攻め込むユーヴェは徐々にボローニャゴールを脅かし、イグアイン、ケディラらがシュートを放つ。そして19分、クリスティアーノ・ロナウドが自身のキャリア通算ゴール数を701に伸ばした。左サイドからラビオが中央へパスを送り、それをカットしようとした相手選手からロナウドがボールをさらう。縦に突破を仕掛け右足でシュートを放つと、ボールはニアサイドを打ち抜きユーヴェが先制点を手にした。

       

      ボローニャが同点に

      対するボローニャも26分、ペナルティエリア内でフリーでボールを受けたダニーロが強烈なボレーシュートでゴールネットを揺らし、スコアを振り出しに戻した。その後も両チームがチャンスを作ったが、決定的な違いを生み出すには至らず1-1のままハーフタイムを迎えた。

       

      ピアニッチが勝ち越し点

      後半も立ち上がりから積極的に攻め込むユーヴェは、ラビオが左サイドをドリブルで突破し折り返しにベルナルデスキが飛び込むが、あと一歩のところでディフェンダーにクリアされた。さらにロナウドも力強いヘディングシュートでゴールを狙うものの、スコルプスキのセーブに阻まれる。それでも54分、ユーヴェの攻撃が遂に実を結ぶ。相手のパスミスから、こぼれ球にピアニッチが反応。素早いグラウンダーのシュートをゴール左隅に流し込み、ユーヴェが再びリードに成功した。

      スコルプスキが好守連発

      リードを奪ってからも攻撃の手を緩めないユーヴェはイグアインが立て続けにゴールチャンスを迎え、ロナウドもそれに続くが、シュートはことごとくスコルプスキの好セーブに阻まれてしまう。終了間際にはボローニャが同点ゴールを奪うべくユーヴェゴールに迫り決定機を作り出すが、ブッフォンがビッグセーブで得点を許さない。2-1のまま試合終了のホイッスルを迎えたユーヴェが、アリアンツ・スタジアムで勝ち点3を手にした。

      ユヴェントス: ブッフォン;クアドラード、ボヌッチ、デ・リフト、アレックス・サンドロ;ケディラ (ベンタンクール 61’)、ピアニッチ、ラビオ (マテュイディ 72’);ベルナルデスキ;イグアイン (ディバラ 82’)、ロナウド

      サブ: シュチェスニー、ピンソーリョ、ダニーロ、ルガーニ、デミラル、マテュイディ、エムレ・ジャン、ベンタンクール、ディバラ

      ボローニャ: スコルプスキ;エムバイェ、ダニーロ、バーニ、 クレイチー;ポーリ (ジェマイリ 82’)、スヴァンベリ (スコフ・オルセン 79’); オルソリーニ、ソリアーノ、 サンソーネ (サンタンデール 79’);パラシオ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK