21.08.2019 15:00 - in: イベント S

      ユヴェントス香港オフィスを開設

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アジア太平洋地域での存在感を強化するため、ユヴェントスが正式に香港に進出します。

      未来に視線を向け常に変化するためには、世界での存在感を高めるための長期的な視野が必要となります。これはユヴェントスの国際的アクティビティの原動力となるコンセプトであり、香港でのオフィス開設はそれを体現するものです。

      ユヴェントスはこれまでも、アジア太平洋地域と強い関わりを持ってきました。グローバルパートナー3社(コナミ、百岁、リンロン)、地域パートナー2社(招商銀行、コスタ・クルーズ)に加えて、中国に6か所、日本、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドに1か所ずつのユヴェントスアカデミーが存在、さらに今夏はユヴェントスサマーツアーが行われました。

      しかし香港にベースを開設することは、クラブの潜在的な1億7100万人のファンにより近づき、長期的なプランを立てる意欲と新たな視点の表れです。これは東洋と中国の文化アジア太平洋地域のマーケットについて学び、同時にユヴェントスの歴史、価値観、ユニークさをファンに伝える機会でもあり、クラブのファンベースとブランド認識を強化することにも繋がります。

      香港オフィスはアジア太平洋地域のファンの要望や情熱をより正確に理解し、スポーツとコミュニケーションに投資する企業やブランドについて知り、伝統的メディアおよび現地のソーシャルメディア、サッカーの発展に興味を持つ政府機関とより近い関係を築くための重要な拠点となります。

      また香港オフィスの開設により、ユヴェントスはより良いサービスと革新的なアクティベーションを提供することでパートナーに近づき、結果としてより価値の高いパートナーシップを実現することが可能です。

      世界有数のビジネス地区の中心にオープンする香港オフィスはマネージングディレクターのフェデリコ・パロンバがトップとなり、クラブのチーフ・レヴェニュー・オフィサーであるジョルジョ・リッチのもとで運営されます。またビジネス・デベロップメント、パートナシップ・アクティベーション、デジタル・マーケティング、商品化、Eコマースなど様々な経験とスキルを持ち合わせた現地の優秀な人材が、フェデリコ・パロンバとともに働くことになります。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK