02.02.2019 23:40 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「守備にほころびがあった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アッレグリ監督は試合後「勝利に近づいていたが、相手の2点目と3点目のシーンではミスが出た」と語った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は3-1から追いつかれた試合後、守備のパフォーマンスが満足できるものではなかったことを認めた。

      「バランスを改善する必要がある」と監督は言う。「毎試合4点、5点を決めることは期待できない。2対2の状況で守っていることが何度もあり、そうしたデュエルでは勝つこともあれば負けることもある」

      「プレッシャーを弱めてしまい、守備が緩くなってしまった。相手の2点目、3点目のシーンではミスが出た。まずはボックス内で大きなスペースを与えてしまったこと、最後は良くないパフォーマンスの代償を支払った」

      「勝利に近づいていたので残念だが、集中力が落ちてしまった。攻撃だけをすることはできないし、3点取っても3失点してしまうのは良くない。勝利のためには守備にもっと労力を割かないといけない」

      「私たちは2試合でミスを犯した。ラツィオ戦の前半と、アタランタ戦だ。改善への努力を続ける必要がある。幸い、まだ2位との差は開いている」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK