26.10.2019 18:15 - in: セリエA S

      レッチェ戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マウリツィオ・サッリ監督とレオナルド・ボヌッチが1-1の引き分けに終わったレッチェ戦を振り返った。

      1-1の引き分けに終わったアウェイでのレッチェ戦後、マウリツィオ・サッリ監督とレオナルド・ボヌッチがメディアの前で試合を振り返った。

      マウリツィオ・サッリ監督

      「まとまりのない試合に引きずり込まれてしまった。良いプレーをしてチャンスを10回は作っていたがそれを活かせなかったので、もっと集中を保たないといけない」

      「先制した後に、もっと強い決意と決定力が必要だった。後ろに下がってしまったので、リードした後の戦いには満足していない」

      「流れの中では相手に多くのチャンスを与えていないが、守備を改善しないといけない。セットプレーから失点してしまう状況は避けるべきだ」

      デ・リフトのハンドの判定については、以下のように語った。

      「ボールはすぐ近くの相手に当たっていたので、私にはアクシデントのように見えた。新しいルールのもとでは、あのような状況を避けるのは難しい」

      レオナルド・ボヌッチ

      「多くのチャンスを作ったけど、勝てなかったことに危機感を持つべき。チャンスを活かせずにいると、試合の流れは悪い方へ行ってしまうものだ」

      「腕まくりをして、より決意を強めて素早く学ぶ必要がある。そうでないと、今日のように今後も重要な勝ち点を落とすことになってしまう。幸運なことに水曜日にも試合があるので、すぐにまた勝利を重ねていきたい」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK