03.03.2019 23:18 - in: セリエA S

      試合後のアッレグリ監督コメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      指揮官は試合後「パスの正確性を欠いたが、これは重要な勝利でありスクデットにまた一歩近づけた」 と語った。

      「私たちはポジティブな面に目を向けるよ。重要な瞬間に苦しむこともあったが、まだ良くなるし、そうでなければいけない」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督はナポリを破り勝ち点差を16に広げたビッグマッチの後で、そう語った。改善点に注目する指揮官は、以下のように述べている。

      「パスが不正確だった。プレーができた時は良かったが、この先の数試合ではもっと技術と判断を改善しないといけない。私たちはアトレティコを相手に恐れずプレーするクオリティを持っている。落ち着いて忍耐強くないといけないし、70分の時点で0対0でも敗退が決まる訳ではない。第1戦では5分間で2点を失ってしまった」

      この日の試合では、ピアニッチの退場が試合に大きな影響を与えた。「彼はリスキーだったので、その前に代えておくべきだった。退場の後で私たちはコントロールを失い、ナポリを勢いづけてしまった。PKを与え、インシーニェが外した時点で試合が決まった。タイトルまではあと6勝半まで近づいている。今はまず休んで次の試合に備えるよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK