24.07.2019 16:36 - in: Tour - Field S

      インテル戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      南京で行われたインテル戦後、サッリ監督と選手たちがPK戦の末に勝利した試合を振り返った。

      南京でのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ第2戦は、1-1のままPK戦に突入しユーヴェが勝利を手にした。

      試合後のコメントは以下の通り。

      マウリツィオ・サッリ監督

      「特に攻撃面で、まだ改善点が多い」と指揮官は語った。「試合は日曜日にものに近かった。後半にプレーが良くなり、より勇気を持って試合をコントロールできた。序盤に受けるプレッシャー、背後ではなく目の前の選手に対するディフェンスを改善しないといけない。考え方を変えないといけないので、短期間で成し遂げるのは簡単ではない」

      「今はミスを受け入れられるし、消極性ではなくミスをしても前向きでいられるチームを見たいと思っていた」

      クリスティアーノ・ロナウド

      「素晴らしかったし、ここに来られて嬉しいよ。中国のファンはファンタスティックで、僕もユヴェントスもすごくサポートしてくれる。インテル戦はいつもいい試合になるね。彼らは優秀な監督率いる素晴らしいチーム。今日は特に後半、いいプレーができた。個人的な意見では、僕らに必要なのはただ勝つことだね…」

      ダニエレ・ルガーニ

      「インテルは本気の試合をしてきたので、いいテストになった」と試合後のダニエレ・ルガーニは語る。「最初からテンポが高く、相手のクオリティと高い気温によって難しくなった。この時期にいろいろと問題があるのは普通のことだけど、チームは重要なシーズンに向けて準備するために前向きに取り組んでいるよ」

      「プレーのメソッドはまだ始めたばかりだけど、方向性は正しい。監督からは高いラインを要求されているので僕たちディフェンダーにとっては変化が必要だけど、相手選手よりもボールの動きを読まないといけない。こうしたスタイルではチーム全体での守備が重要になるね」

      ルガーニは最後に、チームが中国で受けた温かい歓迎について言及した。「僕たちにはいつも熱狂的なファンがついている。すごく嬉しいし、ここに来られてハッピーだよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK