28.09.2019 18:24 - in: セリエA S

      SPAL戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マウリツィオ・サッリ監督、パウロ・ディバラ、ジャンルイジ・ブッフォンが2-0で勝利したSPAL戦を振り返った。

      マウリツィオ・サッリ監督

      「最初は正しいペースを見つけるのに苦労した。動きが遅く、ボールがない状態での動きが少なかった。その後はボールを奪い、多くのチャンスを作って相手には与えず、前半をいい形で終えた。ユニークな役割をこなしたマテュイディのパフォーマンスには満足しているし、エムレ・ジャンのように途中出場した選手たちもよかった。ピアニッチ?彼は大きく成長しており、ボールタッチが多く特に対角線のボールを供給している。ディバラ?彼は私たちにとって重要な選手。彼は多くのクオリティをもたらしてくれるし、クリスティアーノも多くのチャンスを作っていた」

      パウロ・ディバラ

      「今日のような勝利が必要だった。前半は少し動きが遅かったけど、幸運にも最後に先制点を奪うことができた。この結果、より多くのスペースができた。ロナウドへのアシスト?嬉しいよ、素晴らしいゴールだったと思う」

      ジャンルイジ・ブッフォン

      「個人的な記録を喜んでいるよ。42歳で、心も体も良い状態で達成できたことに満足している。すごく嬉しいね。僕たち(ユーヴェ)はいつも成長していて、試合ごとに一つずつレンガを積み重ねている。デ・リフトは偉大なプレーヤーだ。非常に集中しており、最初から最後まで素晴らしかったと思う」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK