27.11.2019 00:09 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アトレティコ戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アトレティコ・マドリード戦後のマウリツィオ・サッリ監督、パウロ・ディバラ、マッティア・デ・シリオのコメント。

      1-0でアトレティコ・マドリードを下しグループD首位通過を決めた試合をマウリツィオ・サッリ監督、パウロ・ディバラ、マッティア・デ・シリオが振り返った。

      マウリツィオ・サッリ監督

      「前半は非常によく、その後は疲れがあったため少し落ちてしまった。重心を高く保ったが、これはリーグ戦では常にできることではない。その点でチャンピオンズリーグは優れているし、全ての試合に同じように望まないといけないので改善していく必要がある。しばしばパスのミスが見られ、前半は多くのクロスを許してしまったので、一部のシチュエーションへの対応を改善しないといけない」

      パウロ・ディバラ

      「特に角度を考えると、良いゴールだったね。たくさんの選手がいて難しかったよ。前半は良かったし、勝って1位を確保できたことを喜んでいる。良い気分だし、自信を持って全力でプレーできているよ」

      マッティア・デ・シリオ

      「重要な勝利だったね。この長い大会の中で、グループを1位で通過することは短期的な目標だった。サッリ監督とはうまくやっているよ。アッレグリ監督とは違うアイディアを持っているけど、楽しいサッカーができている。ここ数試合は堅い守備も見せられた。後半はコンディションが少し落ちたけど、結果をキープできてよかったよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK