14.09.2019 18:34 - in: セリエA S

      フィオレンティーナ戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      フィオレンティーナとのスコアレスドローの後、マウリツィオ・サッリ監督とベルナルデスキが試合を振り返った。

      スタディオ・アルテミオ・フランキでのスコアレスドローの後、マウリツィオ・サッリ監督とベルナルデスキが試合を振り返った。

      サッリ監督

      「技術的にはハイレベルとは言えない試合だったし、怪我人の交代によって状況が複雑になってしまった。終盤でフレッシュな選手を投入できていれば、重要な違いがあっただろう。精神的に弱いチームなら負けていた試合だ。クオリティ、戦術、フィジカルにおいてもっと成長しないといけない。最初の2試合でもフィジカルの低下が見られたが、この夏にコパ・アメリカに参加した選手や怪我でプレーしていなかった選手などが多く、彼らが試合のリズムに慣れるまでに時間が掛かっている。ピアニッチとドウグラス・コスタはマドリードでの試合に出られるか?ミラレムは軽傷かもしれない。明日の朝様子を見てみよう」

      ベンタンクール

      「技術的にはいい試合ではなかったね。暑さもあったけど、言い訳にはならない。マドリードでの試合について心配はしていないし、代表チームから戻ったばかりの選手も多い。監督は信頼してくれているし、自分の時を待たないといけない。ポジション?好きなのはディフェンスの前でプレーすることだよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK