21.09.2019 21:32 - in: セリエA S

      ヴェローナ戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      サッリ監督、クリスティアーノ・ロナウド、アーロン・ラムジーが逆転勝利を収めたエラス・ヴェローナ戦を振り返った。

      2-1の逆転勝利を収めたエラス・ヴェローナ戦後、マウリツィオ・サッリ監督、クリスティアーノ・ロナウド、アーロン・ラムジーがそれぞれ試合を振り返った。

      マウリツィオ・サッリ監督

      「選手たちはメンタル面で少し疲れていたかもしれない。また今はまだ構築段階なので、中盤の3人のうち2人を代え、大きな変化によってバランスとメカニズムが失われてしまった。距離感が正しくなかったが、相手は攻撃的で好調なチームであり、逆転するのは簡単なことではない。勝ち点3を取れたことは重要だが、もっとアプローチを改善しないといけない。ディバラは非常に良いプレーを見せた」

      クリスティアーノ・ロナウド

      「難しい試合だったけど、重要なのはチームが逆転できたこと。チャンピオンズリーグの後で疲れがあった。アトレティコ戦のようなインテンシティの高い試合の後ではそれは普通のことだよ。それでも勝ち点3を取れたし、次に進むよ」

      アーロン・ラムジー

      「長い間、この瞬間を待っていた。勝利もゴールも、非常に嬉しいよ。マドリードでの試合の後で、重要な結果だった。相手は非常によく組織されていて、僕たちは難しい試合でよくやったと思う」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK