15.07.2019 15:00 - in: チーム S

      ラムジー「ユヴェントスは僕にぴったりのクラブ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      この夏の新加入選手の一人、アーロン・ラムジーが月曜日の午後、アリアンツ・スタジアムで入団記者会見に臨んだ。

      ユヴェントスの選手として正式にお披露目されたラムジーは「ここに来られて嬉しいし、みんなに感謝しているよ。ユヴェントスは世界最高のチームの一つ。なるべく早く準備を整えるために、他の選手と一緒にハードワークしているよ」とイタリア語で挨拶を述べた。

      「最初にユヴェントスからの興味を聞いた時は、ここに来るのは夢のようだし大きなチャレンジだと思った。このチャンスを逃すことはできなかったんだ。僕にぴったりのクラブだし、歴史の一部になれることを願っている」

      「チーム、選手たち、監督のみんなから温かい歓迎を受けた。サッリ監督とはもう何回か話したけど、話しやすい人だね。今季の大きな目標を達成するために彼とチームの助けになるのが待ちきれないよ

      負傷

      「小さい怪我を抱えていて、今は順調に回復している。徐々に状態が良くなっているけど、アジアツアーに参加するかはまだ分からない。近いうちに復帰できると確信しているよ」

      役割

      「僕はゴールであれアシストであれ、試合でインパクトを残したい選手。目標を達成するために、なるべく多くのチャンスを作りゴールを決めたいね。僕はディフェンスもできるし、前にも出ていけるボックス・トゥ・ボックスのミッドフィールダー。練習に完全に合流したら、監督の要求を理解していきたい。競争は厳しいけど、挑戦への準備はできているし楽しみにしているよ」

      背番号

      「アーセナルで着ていた背番号8が欲しかったので、その番号をもらうことにした。マルキージオは素晴らしい選手だったし、何度か話したことがあるよ。彼のように活躍できれば嬉しいね。ユニフォームを着るのを楽しみにしているけど、大きな責任が従うことも理解している」

      サッリ監督

      「サッリ監督はチェルシーで良いシーズンを過ごしたと思う。間違いなく成功だったと思うし、このチームでも哲学とスタイルを導入できるはずだよ。勝利と良いサッカーの両立が理想的だけど、それが唯一の道という訳じゃない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK