10.12.2019 19:32 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      レヴァークーゼン戦前日会見

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マウリツィオ・サッリ監督とミラレム・ピアニッチが明日のバイヤー・レヴァークーゼン戦を前に記者会見に臨んだ。

      明日のレヴァークーゼンとのチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終戦を前に、チームはドイツへ移動しマウリツィオ・サッリ監督とミラレム・ピアニッチが記者会見に出席した。

      サッリ監督「意味のない試合などない」

      選手たちはプロであり、全面的に協力している。やりたいことが全てできる日もあれば、うまく行かない日もある。明日のラインナップがどうなるかは見てみよう。ミッドフィールダーは2人いる。ラビオは右サイドで問題なくプレーできるし、復帰した後でどれくらいできるか確認する必要がある。我々は落ち着いており、改善すべき点は分かっている。攻撃の輝きには正しいタイミングでのドリブルや正しいスピードでのポゼッションなど、多くの要素がある。それができなければ単調になってしまう。明日の試合では、選手たちにモチベーションとメンタリティーを消して下げないことを要求していく。意味のない試合などない。高いモチベーションと良いパフォーマンスを見たいと思っている。チャンピオンズリーグでプレーするのは特別なことだ。ラビオは怪我から回復している。彼はポテンシャルが高く、とても頼りにしているよ。必要なのはフィジカルの状態を元に戻すことだけだ。明日は出場機会を与える。欧州の大会で一番の思い出?ヨーロッパリーグの優勝だね。今後もっと多くの良い思い出が作れるといい。3トップは実験的な布陣であり、既に試している。使えるのは一部の状況に限られるので、明日どうなるかは見てみよ

      ピアニッチ「僕たちには大きなポテンシャルがある」

      僕たちは毎試合しっかりと準備しているし、明日は今後のためにも勝利したい。レヴァークーゼンは良いチームだから簡単な試合にはならないけど、準備はできているよ。常に勝ちたいと思っているけど、勝ち点3が取れないことはある。今までの道のりはうまく行っている。ネガティブになるのではなく、バランスを見つける必要があるね。いつも素晴らしいプレーをするのは簡単じゃない。チームとしてピッチ上で結果を出せることを願っている。僕たちはサッリ監督を信頼しているし、チームとして一致団結しているよ。これまで結果は良いけど、監督はもっと多くを求めている。もっと大きなポテンシャルがあるからね。リーグで優勝するために、もっと改善しないといけない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK