13.04.2019 18:02 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「今日優勝を決めたかったが、良い兆候もある」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アッレグリ監督はSPAL戦後「敗戦は残念だが、選手たちはよくやった。火曜日には全員が必要になる」と語った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督はセリエA優勝決定を先延ばしにすることになったフェッラーラでの敗戦後、ポジティブな面に目を向けた。

      「今日優勝を決めたかった」と指揮官は言う。「選手たちのパフォーマンスは良かったし、若手もよくやっていた。ゴッツィはバルツァッリが後退した後も含め、いい試合をした。カスタノス、ニコルッシ・カヴィーリャ、マヴィディディも良かった。2失点目の場面では少しミスがあったが、前半はとても良かった。残念だったのは敗北だけで全員が良かったが、経験のなさが出てしまった」

      「新しい記録を打ち立てるのは難しい。多くのエネルギーを要するし、ヨーロッパでの戦いもある」とアッレグリ監督は語った。「ベストメンバーであれば勝つのはより簡単だったはずだが、火曜日に大きな目標がある。27勝3分2敗というのは素晴らしい結果だ」

      若手の活躍以外にも、火曜日を前にポジティブな兆候が見られた。

      「ディバラは素晴らしい反応を見せてくれた。今日のパウロのパフォーマンスには満足しているし、メンタル面も含めて全員が必要となる火曜日に向けて良い兆候だ。そうした意味でも、キーンが好調なのは重要なこと。クアドラードの復帰も喜んでいるよ」

      「マテュイディは足をつっただけなので、火曜日は出場する」と指揮官は明かした。「ドウグラス・コスタは状態を見ないといけない。ケディラは問題なく、キエッリーニはランニングを開始しないといけない。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK