19.01.2020 23:50 - in: セリエA S

      パルマ戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マウリツィオ・サッリ監督、クリスティアーノ・ロナウド、マタイス・デ・リフトがパルマ戦の勝利を振り返った。

      2-1でパルマを下した試合後、マウリツィオ・サッリ監督、クリスティアーノ・ロナウド、マタイス・デ・リフトがメディアに思いを語った。

      クリスティアーノ・ロナウド

      「今日は勝つことが重要だと理解していたし、難しい試合をうまくプレーできた。パルマは素晴らしいチームであり、2得点でチームの勝利の役に立てたのがすごく嬉しいよ。終盤は相手が攻勢に出て苦しい場面もあったけど、重要な勝ち点3を得ることができた」

      マウリツィオ・サッリ監督

      「チームは成長している。今日はいつもほどクリーンな試合ではなく、あのように引きすぎては良くない。フィジカルなチームであるパルマを相手に、最後の5分間は苦しめられた。水曜日から大きな違いがあった。2-1になった後にチームに難しいことを避けるようメッセージを送り、ドウグラス・コスタでバランスを取ろうとした」

      「ラビオの唯一の問題は正しいプレーを選択することだが、成長している。アーセナルでのラムジーはミッドフィールダーとしてプレーしており、時にセカンドストライカーだったこともあるのであのポジションで安全にプレーできる。彼らは2人とも全く違う国から来て、2~3か月の間フィジカルの問題があった」

      「受け身になるのを避けることで、失点は回避できる。ボールがスタートする時に動きがなく、メンタル面でもそう見える。もっとアクティブにならないといけないし、セットプレーの守備は急速に改善していたが今日はそれで失点してしまった。相手はセットプレーのスペシャリストと言えるチームではあるが」

      「メンタリティと試合の特定の場面のマネージメントという点で、まだ伸びしろがある。自陣でドリブルをしていた試合の終盤は気に入らなかったし、より相手のエリアでプレーしたい。クリスティアーノは無数の問題を解決できるチャンピオンだ」

      マタイス・デ・リフト

      「重要な勝利を達成できた。2位との勝ち点差を4に広げるチャンスだったから、それを達成できて嬉しいね。前半はいい試合ができたし、後半はコルネリウスの同点後すぐに2-1に突き放すことができた。欧州最高峰のレベルで良いパフォーマンスができているけど、さらに良くしていきたい」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK