18.01.2020 14:15 - in: セリエA S

      サッリ監督「パルマのカウンターに注意」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マウリツィオ・サッリ監督が土曜日、明日のパルマ戦に向けてアリアンツ・スタジアムでの記者会見に出席した。

      いよいよ今季のセリエAも後半に突入、 ユヴェントスは日曜日に開幕戦で1-0で下したパルマをアリアンツ・スタジアムに迎える。

      今日行われた記者会見で、マウリツィオ・サッリ監督はまず昨日逝去したピエトロ・アナスタージ氏に追悼の意を表した。

      「まず最初にアナスタージ氏を追悼したいと思います。ユヴェントスとイタリアサッカーの歴史において重要な選手であり、1968年欧州選手権のキープレーヤーだったのを覚えています。偉大な選手、偉大な人物でした」

      パルマの強み

      「パルマは欧州カップ戦圏内から1ポイント差の良い順位につけている。木曜日のコッパ・イタリアでは2人の先発メンバーを除く全員を休ませているので、コンディションも良いだろう。反発力のあるチームで、立て直しに優れている」

      「アウェイで結果を残しているし、良い順位につけている。彼らの戦略にはまらないように気を付けないといけない。彼らに弱点はなく、クツカ、クルティッチといったフィジカルに優れた選手がいて守備も堅い。そしてイングレーゼ、クルセフスキ、ジェルヴィーニョと優れたアタッカーもいる」

      ユーヴェ攻撃陣

      「ディバラは全てのフォーメーションで非常によくやっている。トリデンテについては、正しいバランスを見つけないといけない。イグアインには特定の役割があり、ロナウドとディバラはポジションの限定されない直感的な選手。ただ3人の優れたフォワードの起用に苦労する方が、その逆の状況よりも良い」

      デ・リフト、ドウグラス・コスタ&ラビオ

      デ・リフトは2カ月前に多くの試合を連続でこなしており、回復期間を経た今は再び同じようにプレーできる。ボヌッチは直近の試合で温存しており、ルガーニは準備ができていることを証明してくれたので守備は問題ない」

      「ドウグラス・コスタは水曜日の試合に出場した他の選手たちと同様に、昨日のトレーニングの一部のみに参加している。しばらくフィジカルの問題があったので、試合の後にどう回復しているか今日観察したい。順応期間を経て、ラビオはパフォーマンスを向上し自信もつけている。この調子が続けば代表に招集されても驚かないだろう」

      パルマ戦に集中

      「ターンオーバーは過密日程の中で論理的な影響として起きるもので、予定を立てるのは難しい。全ては前の試合との関係で決まることだからね。現時点ではパルマ戦だけを考えている。先のことよりも目の前の試合について考えないといけない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK