26.01.2020 23:45 - in: セリエA S

      ナポリ戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マウリツィオ・サッリ監督とレオナルド・ボヌッチが、2-1で敗れたアウェイでのナポリ戦後にメディアに考えを語った。

      ユーヴェは日曜の夜、ジエリンスキとインシーニェにゴールを奪われ、クリスティアーノ・ロナウドが1点を返したもののナポリに敗れた。試合後、マウリツィオ・サッリ監督とレオナルド・ボヌッチが考えを語った。

      マウリツィオ・サッリ監督

      「今日の我々は受け身で、速いペースでプレーしたため全てが難しくなってしまった。チームの各部分が噛み合わず、メンタル面でも覇気がなかった。間違ったアプローチで試合に臨み、インテンシティも欠けていた。各個人やポジションのパフォーマンスを評価するのは難しい。トリデンテを起用したのは全員が好調で、中盤が彼らをサポートできると考えたからだった」

      レオナルド・ボヌッチ

      「失点の場面はより良い対応ができたはずだった。その後試合の流れを変えようとしたが、既に遅すぎた。ナポリはインテンシティが高く、守備においても注意深かった。我々はボールの動きが遅く、精神的にも十分ではなかったかもしれない。この敗戦を先に進むための教訓として、改善していかないといけない」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK