15.01.2020 23:29 - in: コッパ・イタリア S

      ウディネーゼ戦後のコメント

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      4-0の快勝を収めたウディネーゼ戦後、マウリツィオ・サッリ監督とゴンサロ・イグアインが試合を振り返った。

      水曜日の夜、ユヴェントスはウディネーゼに4-0の快勝を収めてコッパ・イタリア準々決勝進出を決めた。試合後、スペクタクルな90分間をマウリツィオ・サッリ監督とゴンサロ・イグアインが振り返った。

      マウリツィオ・サッリ監督

      「一発勝負にはいつも不確定要素があるが、練習で良い手ごたえがあったので優れたパフォーマンスを期待していたし実際に良い試合になった。先制点はなかなか見られない美しいゴールだった。ベルナルデスキのパフォーマンスにも満足している。まだ改善の余地はあるが、彼は技術とフィジカルの能力を備えているのでこの役割をうまくこなせると考えている。私たちのチームには大きなポテンシャルがあり、まだ足りたい部分もあるが成長している。ロナウドはここ数日間副鼻腔炎があり、今日は寒気も感じていたので休ませた。これがサッリのユーヴェか?いや、クリスティアーノのユーヴェであり、ディバラのユーヴェ、イグアインのユーヴェでもある...。私の要素も入れようとしているが、選手たちの特徴をリスペクトしないといけない」

      ゴンサロ・イグアイン

      「コッパ・イタリアで優勝したいので、次のラウンドに進むための重要な試合だった。ディバラとの関係?ユーヴェのために二人ともベストを尽くしているし、チームを助けたいと思っている。偉大な選手たちとプレーするのは喜びだし、今日はチーム全体がうまく行った。日曜日のパルマ戦でも同じようなパフォーマンスを見せたいね」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK