11.01.2020 13:30 - in: セリエA S

      サッリ監督「目標は優勝」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マウリツィオ・サッリ監督が火曜日、今季のコッパ・イタリア初戦となるウディネーゼ戦に向けて思いを語った。

      ユヴェントスは水曜日の夜、コッパ・イタリアのウディネーゼ戦を迎える。試合を翌日に控え、マウリツィオ・サッリ監督が記者会見に出席した。

      指揮官はまずメリフ・デミラルが負傷しマタイス・デ・リフトが復帰したディフェンスラインについて以下のように語った。「デ・リフトの状態は良好で、彼はローマ戦でそれを証明した。デミラルの怪我は非常に残念だよ。ユヴェントスの選手として大きく成長し、このクラブで初めてゴールを決めたばかりのタイミングでの出来事だったからね」

      ダニエレ・ルガーニは重要な選手であり高く評価している。エムレ・ジャンはドイツ代表と同様に3バックでもプレーできる。4バックでは適応に時間が掛かる」

      そしてサッリ監督は視線をウディネーゼとのコッパ・イタリア・ベスト16に向けた。

      多くのエネルギーを消耗した試合から、中2日での試合。私たちのコッパ・イタリアの目標は優勝なので、それをモチベーションに臨む」

      「3人のフォワードは全員状態が良いよ。クリスティアーノも好調だし、起用するは明日彼と話して決める。ピアツァ不運が続いたが優秀な選手。彼にチャンスを与えられれば嬉しい」

      ブッフォンは出場するだろう。彼はピッチ内外で欠かせない存在だ。その他の出場選手は明日の朝決めるよ」

      最後に監督は一部選手の状態に言及している。「ディバラのことは好きだし、毎日話している。 今日も話をしたよ。多くの優れたフォワードがいることは幸運であり、私たちの強みだ。ベルナルデスキはボックス・トゥ・ボックスでプレーをするための特徴を備えている。彼は熱意を持ってこの役割に取り組んでいるよ」

      ラビオはコンディション、役割の理解、守備のアグレッシブさ、インテンシティの全ての面で改善している」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK